ソーシャルゲーム探訪記

楽しいゲームアプリがきっと見つかる!

ダークメルヘンな世界観が魅力!「歪みの国のアリス」アプリ版をレビューしました!

こんにちは!

 

 

今回は、ナイトメアプロジェクトの新作、「歪みの国のアリス アンコール」というアプリをプレイしていきたいと思います。

 

 

実は私、結構ホラーゲームって好きなんですよね^^

 

 

このアプリは、そんなホラーゲームの中でもダークメルヘン系の作品です。

 

 

タイトルからも分かる通り、ルイスキャロル作の「不思議の国のアリス」がモチーフ。

 

 

ホラーやスプラッタ系の耐性がない方には、少々危険なゲームかもしれません。

 

 

逆にホラー系好きって方は、中々楽しめるアプリだと思います。

 

 

「魔女の家」や「アルプトラウム」なんかの作品が好きな方(わかる方いるのかな?笑)は、迷わずダウンロードして大丈夫です(^^)

 

 

それでは、まずはストーリーから見ていきましょう!

 

 

 

 

1.歪みの国のアリスのストーリー

f:id:kazu7621:20190402224600j:image

夕暮れの学校で目を覚ます亜莉子

 
歪みの国のアリスの物語は、主人公の「葛木 亜莉子(かつらぎ ありこ)」が夕暮れの学校で目を覚ますところから始まります。
 
 
誰もいない校舎、そこに突如現れる不思議の国の住人たち。
 
 
そんな中、最初に出会うフードを被った謎の人物「チェシャ猫」は、亜莉子のことを「アリス」だと呼びます。
 
 
そして、「シロウサギ」を探すようにと助言(?)をくれる。
 

f:id:kazu7621:20190402224627j:image

 
 
大きな口で、夢に出てきそうな不気味な笑みを浮かべるチェシャ猫。
 
 
スタートからsan値の削られていく展開ですね^^;
 
 
ですが、まだまだ本番はここから。
 

シロウサギを追いかける

f:id:kazu7621:20190402224756j:image

チェシャ猫に言われて探していたシロウサギさん、
とても味方には見えないんですが。。(;・∀・)
 
 
歪みの国のアリスは、主人公亜莉子が、そんな謎につつまれたシロウサギを追いながら真実を探すために奮闘する、そんなお話です。
 
 
この後も、「私をお食べ」と書かれた箱の中から、切れた子供の腕らしきものが出てきたり、アリスの○○を欲しがるハリネズミが出てきたりと、衝撃の展開が続きます。
 
 
そんな状況下であなた(亜莉子)の取る選択は、
物語にどんな結末をもたらすのか・・・⁉
 
 
 

 2.歪みの国のアリスの魅力

f:id:kazu7621:20190402224656j:image

 

3DCGが綺麗

 
実際にプレイしてみて、まず3Dグラフィックで描かれる3DCGの鮮やかさに驚かされました。
 
 
これだけ綺麗だと、登場人物がより近く、よりリアルに感じられます。
 
 
特に、チェシャ猫の不気味な表情は頭から離れなくなりますね笑
 
 
少なくとも、一人で夜にプレイするのはやめたほうがいいです(ホントに眠れなくなります)
 
 

世界観を引き立てるオリジナルのBGM

 
歪みの国のアリスでは、BGMがオリジナルで用意されているのですが、中々綺麗で世界観を引き立ててくれます。
 
ノベル系はフリーのBGMを使っているものも少なくありませんが、すべてオリジナルで用意されているところは素晴らしいですよね^^
 
ちなみに、私はこの「シロウサギの詩」って曲が好きです^^
  
 

歪められたダークな世界観

 
原作でのチェシャ猫のセリフの一節に、
 
 
「犬は怒ると唸り、喜ぶとしっぽを振る。
だがチェシャ猫は喜ぶと唸って、怒るとしっぽを振る。
だからチェシャ猫は狂っている」
 
 
というセリフがありますが、この物語のチェシャ猫は見た目からやばそうですし、ほかの登場人物も、見た目は普通でもどこか狂ってます。
 
 
タイトルが「歪みの国のアリス」なだけあり、
かなり歪んだ世界観になっていますよ。
 
 
狂っているのは世界か、自分か。
 
 
真実はあなたの目でお確かめください^^
 
 
 

3.まとめ!

f:id:kazu7621:20190402224707j:image

 

いかがでしたか?

 

 

歪みの国のアリス、さすが有名なナイトメアプロジェクトの作品ということもあり、かなり作りこまれた作品に仕上がっています。

 

 

私も、ここまで病みつきになる作品に出会ったのは久しぶりですね^^

 

 

しかも無料でプレイできるなんて、、

 

 

本当に出会えてよかったと思える作品でした!

 

 

興味のある方はぜひ一度プレイされてみてくださいね(*^^)v

 

 

ちなみに、小説版も販売されています。

歪みの国のアリス

歪みの国のアリス

  • 作者: 狐塚冬里,vient,サン電子株式会社(ナイトメア・プロジェクト)(原案)
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2014/08/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

【小説版紹介PV】

 
私も現在、3/4くらいのページまで読み進めたところですが、 なかなか読みごたえがあり面白いですよ!
 
 
アプリがしっくりきた方は、良心的な価格で手に入りますので、一度手に取られてみてはいかがでしょうか♪
 
 
染みわたる恐怖と感動は、私が保証しますよ(^_-)-☆
 
 
 
それでは、今日はこの辺で!
 
ご閲覧、ありがとうございました!